歌手:Kalafina
曲名:君の銀の庭的銀色庭園)
收錄於:君の銀の庭
作曲/作詞/編曲:梶浦由記

 

そっと開いたドアの向こうに
壊れそうな世界はある
朝が来るのか
夜になるのか
迷いながらひかりは綻びて
 輕輕打開了門
 對面是瀕臨壞滅的世界
 會是早晨到來呢
 還是夜幕降下呢
 光芒帶著迷惘綻放

声が呼ぶまではもう少し遊ぼう
花のように廻る時を繰り返し
 直到呼喊聲傳來 再稍稍玩耍一下吧
 一再重複如花般轉動的時間

夢はこの部屋の中で
優しい歌をずっと君に歌っていた
何がほんとのことなの
一番強く信じられる世界を追いかけて
君の銀の庭へ
 夢境在這個房間中
 一直對你歌唱著溫柔之歌
 甚麼才是真實呢
 追尋最能深信的世界
 前往你的銀色庭園

道に迷ったあの子が今日も
一番早く帰り着いた
正しさよりも明るい場所を
見つけながら走ればいいんだね
 那個迷路的孩子今天
 又是最早回來的
 比起正理 只要一邊尋找明亮的地方
 一邊奔跑就行了呢

幼い眠りを守りたい番人
大人になる門は固く閉ざされて
 想守護稚幼睡眠的守衛
 緊緊關起通往成人世界的門

君は気づいていたかな?
ほんとのことなんて
いつも過去にしか無い
未来や希望は全て
誰かが描く遠い庭の
我が侭な物語
まだ誰も知らない
 你是否早已察覺了呢?
 所謂真實
 總是只存在於過去
 未來或希望全都是
 某人所描繪的遠方庭園的
 任性故事
 仍無人知曉

ひたむきな小鳥の声で歌う子供は
何を隠し何を壊し
燃える時計
秘密めく花の香り
「ここにいるよ」
 以無所動搖的鳥啼聲歌唱的孩子
 隱藏甚麼 破壞甚麼
 燃燒的時鐘
 充滿祕密的花香
 「我在這裡哦」

静かに寄り添って
何処にも行かないで
窓辺で囀って
何を失くしたって
 靜靜地依偎
 然後哪也別去
 在窗邊啼囀
 不管失去甚麼

夢はその腕の中に
優しい人の嘘も嘆きも
閉じ込めていた
何か足りない心で
光を纏い飛んで行こう
少女のかたちをして
終わらない始まりへ
ほんとうの終わりへ
 不管是人們溫柔的謊言或嘆息
 夢境都將其
 關進了
懷中
 以缺少甚麼的心
 集結光芒飛越出去吧
 以少女的模樣
 前往無終的起始
 前往真正的終結

静かに寄り添って
何処にも行かないで
窓辺で囀って
何処にも行かないで
 靜靜地依偎
 然後哪也別去
 在窗邊啼囀
 然後哪也別去

文章標籤
創作者介紹

日文歌詞翻譯與它愉快的夥伴們

OZRY 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()