歌手:タカナシトリコ
曲名:FIRST DAWN, AMBER WIND
收錄於:DEGENERATE DANCEHALL
社團:Alstroemeria Records
編曲/作詞:CAMELLIA

 

(琥珀の風が行き交う)
半透明の月が佇む
(消えゆく街灯と二人)
東の空に射し込んだ光
(斜めの空を見上げて)
若草揺れて波の音届く
(夜明けに焼けた影法師伸びる)
どこまででも…
 (琥珀之風不斷吹撫)
 半透明的月亮佇立
 (消去的路燈與兩人)
 照射進東邊天空的光芒
 (仰望傾斜的天空)
 嫩草晃動帶來浪聲
 (黎明映照出的人影延展)
 直到每一處…

消えていった夕暮れ 一人ぼっちの月影
いつの間にか迎える 夜の寒さに怯えている
 逐漸消逝掉的黃昏 月亮映照出的孤獨人影
 將在不知不覺迎接 畏懼著夜晚的寒冷

言葉を交わす相手さえも 夢の中へ潜り込む
溜息だけが響いている 暗がりの外 逃げ出したい
 連交談的對象都 潛往夢中
 只剩下嘆息聲迴響著 想逃到 黑暗之外

(琥珀の珠が差し昇る)
空気の色を赤に染めていく
(水面で躍る陽光)
寂しがりな夜に別れを告げる
(飛行機雲を眺めて)
醒める世界の目覚まし時計
(夜明けに焼けた影法師伸びる)
どこまででも…
 (琥珀之珠昇上)
 將空氣的顏色逐漸染紅
 (在水面上躍動的陽光)
 與感到孤獨的夜晚告別
 (眺望飛機雲)
 甦醒的世界鬧鐘
 (黎明映照出的人影延展)
 直到每一處…

有りもしない人影 意識の隅かき消して
きっと明日も射すはず 朝の光を待っている
 將根本就不存在的人影 從意識的角落抹去
 明日也一定會照射才對 等待著早晨的光芒

幼い頃は恐れていた 名もない夜の孤独感
いつから一緒に暮らしてる 暗がりの部屋 抜け出したい
 孩提時代一直恐懼著的 夜晚的無名孤獨感
 想從不知何時開始一同生活的 黑暗房間 掙脫出去

(琥珀の風が行き交う)
半透明の月が佇む
(消えゆく街灯と二人)
東の空に射し込んだ光
(斜めの空を見上げて)
若草揺れて波の音届く
(夜明けに焼けた影法師伸びる)
どこまででも…
 (琥珀之風不斷吹撫
 半透明的月亮佇立
 (消去的路燈與兩人)
 照射進東邊天空的光芒
 (仰望傾斜的天空)
 嫩草晃動帶來浪聲
 (黎明映照出的人影延展)
 直到每一處…

(琥珀の珠が差し昇る)
空気の色を赤に染めていく
(水面で躍る陽光)
寂しがりな夜に別れを告げる
(飛行機雲を眺めて)
醒める世界の目覚まし時計
(夜明けに焼けた影法師伸びる)
どこまででも…
 (琥珀之珠昇上)
 將空氣的顏色逐漸染紅
 (在水面上躍動的陽光)
 與感到孤獨的夜晚告別
 (眺望飛機雲)
 甦醒的世界鬧鐘
 (黎明映照出的人影延展)
 直到每一處…

文章標籤
創作者介紹
創作者 OZRY 的頭像
OZRY

日文歌詞翻譯與它愉快的夥伴們

OZRY 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()